TODAY'S MEGANE

PADMA IMAGE Rotary col.100

「PADMA IMAGE」の『Rotary』第2世代。生産工場も変わり、金具やサイズなどに若干のマイナーチェンジ施された直球勝負モデルです。

フラットなフロントがクラシカルな雰囲気を脱色しています。ブリッジのせり出しがありません。
ただ完全なフラットではなく、両サイドに向かって、また上部のエッジに向かって僅かに傾斜をつけて薄くなっていきます。

ブリッジの形状が特徴的。いいシルエットです。
鼈甲柄とは趣きの違う「スポッティオリーブ」という柄。大理石のような表情です。
文学少女から仙人にまで似合いそうなナイスな1本です。

48□22 / ¥27,000(+税)

PADMA IMAGE maru-kaku no.96

「PADMA IMAGE」お得意のアシンメトリー、「はっきり非対称」と「ほんのり非対称」のうち「はっきり非対称」に属するモデル。黒っぽいアセテート生地を使用し、存在感の強い一本です。
右眼側が丸く、左眼側の上部がフラットになっています。ラウンドとクラウンパントの合体のようなシルエットです。

フロントがフラットなので、より彫刻的な存在感を放ちます。
カラーは黒一色に見えますが、暗いクリアグレーとのツートーンです。レンズ下部が透け気味なのがわかるでしょうか。

斜め方向から見ると力強いですね。エッジ感も楽しめます。
インパクトはありますが、それだけに「あの眼鏡の人!」と強い印象を残し、その分長く使えると思います。

48□20 / ¥36,000(+税)

PADMA IMAGE glider no.81

「PADMA IMAGE」の人気モデルです。安易にフォックス型とは分類できない絶妙なシルエットは、躍動感と穏やかさを併せ持った美しいバランスで成り立っています。

角度を変えてみないとわからない、あるいは光の当たり方で初めてわかる部分。例えば目尻のカッティングとエッジ感、硬軟兼ね備えたところが魅力です。

「スポッティブラウン/アンバー」と名付けられたツートーンカラー。下半分の曇り加減が程よいです。
トラディショナルな色使いで、トラディショナルな眼鏡では出会えないシルエット。このバランスが、これから上手く調和するのではないかと思います。

55□16 / ¥25,000(+税)

PADMA IMAGE Rotary no.101

良いモデルは、少しずつ改良を重ねてより良いものに変えていく。「PADMA IMAGE」もそんな次のフェーズに入りました。名作『Rotary』がバージョンアップで再登場です。

「ホーンブラウン」と名付けられたカラー。水牛の角のような柄です。渋くも、素朴にも、ナチュラルな印象にも。軽さも感じる柄ですね。

美しいレンズシェイプは印象そのまま、わずかに縦横比、サイズが変わっています。また、細部のエッジが柔らかくまろやかな印象になったようです。テンプルの長さは短くなり、女性にも使いやすくアップデートされています。

48□22 / ¥27,000(+税)

PADMA IMAGE Saicoro col.105

今シーズンから「PADMA IMAGE」はちょっと変わりました。生産工場がセルロイド・アセテートフレームに定評のある「マコト眼鏡」さんに変わりクオリティアップが図られています。カラーの表記なども変わりました。

そしてこれまでのモデルをバージョンアップ。名作『SAICORO』が『Saicoro』となって復活です。その名の通り、正方形のようなレンズシェイプが可愛らしく、ありそうでないシルエットです。
初期型はピシッと立ったエッジが魅力でしたが、今回は線にしなやかさと滑らかさが加わりました。

フロントはガラス質の釉薬のような、幻想的な表情を持ったアセテート生地。サイドに向かって薄くしてあり、テンプルとの接触部分(合口も滑らか)です。
掛ける人の「アイコンになる眼鏡」を目指している「PADMA IMAGE」、ますますファンが増えそうです。

48□21 / ¥27,000(+税)

次のページ