TODAY'S MEGANE

STEADY STD-49 col.1

細身のアセテートとメタルパーツの組み合わせのコンビネーションフレーム、変わらず人気です。
単純に重量も軽く、細かい調整も可能なので、かけ心地の安定感もバッチリです。

往往にしてカラー番号「1」は定番カラー、アセテートなら黒が割り振られることが多いもの。
しかし4mmほどのフロントが真っ黒だと、一定の重量感を感じさせてしまいます。
このモデルの場合クリア生地の表面1mmほどが黒いだけなので、軽さを感じさせるものになっています。

やや丸みの強いレンズシェイプですが、細身でこの配色なので、硬軟良いバランスで様々なスタイルに合わせることができるでしょう。金具も立体感を抑えめにしてあり、すっきりとした佇まいで長く付き合えるモデルです。

47□24 / ¥35,000(+税)

STEADY STD-57 col.3

すっきりとした構造で「STEADY」のコンビネーションフレームモデルの中でも人気のシリーズに加わったラウンド。バランスの良いレンズシェイプ、スレンダーなシルエットで気軽に試していただける1本です。

テンプルに繋がる金具はビスによる固定ではなく、カシメ留め。
ブリッジも立体感を抑えて、リムの厚みに抑えているので、品よく完成度の高い質感です。

フレームカラーはダークグリーンのアセテート。金具部分はマットゴールド。
性別を問わずにお使いいただけます。あらゆるタイプの方にお勧めしようと思います。

43□24 / ¥35,000(+税)

STEADY STD-54 col.3

「STEADY」の久しぶりのオーバル型メタルフレーム。丸眼鏡よりもさりげなく、様々なスタイルに合わせてお使いいただけます。バランスが良くどこかすっきりとした印象のあるモデルです。

ゴールドのフレームに、透明感のあるブラウンが載せてあるのがわかるでしょうか。
「転写」という手法です。かつて、ひと昔前に同様の色使いで二重に塗装したものには塗装が剥がれる事例が少なからずありました。この「転写」は剥がれ落ちる、というのない耐久性に優れた着色法です。サイジングはちょっと小ぶり。細面の女性などにもぴったり収まるサイズです。

サイジングはちょっと小ぶり。細面の女性などにもぴったり収まるサイズです。

45□22 / ¥27,000(+税)

STEADY STD-51 col.2

眼鏡デザインの復習を終えて、その蓄積を現代的な視線で再解釈・再構築されたものの発表が続いているのがこの数シーズンの傾向です。「STEADY」からは、異素材コンビネーションフレームの図式を全てチタンで構成したこちらなどがひとつの回答です。

アセテートの光沢を引き算し、マットな表面のチタン製のリム。フレームの細さ・薄さもチタン製にしたからこその軽やかさです。

レンズシェイプもバッチリ。マットブラウンとゴールドの組み合わせも肌なじみよく、完璧。
男女問わずばっちり決まるモデルです。

47□23 / ¥38,000(+税)

STEADY STD-48 col.4

本日現在の「STEADY」の店頭在庫の中で個人的に「一番かっこいい」と思っているのがこの1本(もちろん、他に「かわいい」「美しい」「ときめく」「渋い」など店主主観でございます)。

ダブルブリッジにダブルリム。黒いベースのフレームに、ノーズパッドのクリングスも繋がったゴールドのインナーリム。最高にグッとくる配色です。
内側にゴールドがあることで、黒く引き締まる要素と目元を明るく見せる要素が同居しており、ちょっとだけハードボイルドな印象が痺れます。

ダブルブリッジのフレームは、上側のトップバーの長さや位置、わずかに湾曲させるかどうかなどで佇まいが変わってきます。長さやロウ付け位置などもバッチリだと思います!
大推薦しております。

49□21 / ¥33,000(+税)

次のページ