TODAY'S MEGANE

STEADY STD-51 col.2

眼鏡デザインの復習を終えて、その蓄積を現代的な視線で再解釈・再構築されたものの発表が続いているのがこの数シーズンの傾向です。「STEADY」からは、異素材コンビネーションフレームの図式を全てチタンで構成したこちらなどがひとつの回答です。

アセテートの光沢を引き算し、マットな表面のチタン製のリム。フレームの細さ・薄さもチタン製にしたからこその軽やかさです。

レンズシェイプもバッチリ。マットブラウンとゴールドの組み合わせも肌なじみよく、完璧。
男女問わずばっちり決まるモデルです。

47□23 / ¥38,000(+税)

STEADY STD-48 col.4

本日現在の「STEADY」の店頭在庫の中で個人的に「一番かっこいい」と思っているのがこの1本(もちろん、他に「かわいい」「美しい」「ときめく」「渋い」など店主主観でございます)。

ダブルブリッジにダブルリム。黒いベースのフレームに、ノーズパッドのクリングスも繋がったゴールドのインナーリム。最高にグッとくる配色です。
内側にゴールドがあることで、黒く引き締まる要素と目元を明るく見せる要素が同居しており、ちょっとだけハードボイルドな印象が痺れます。

ダブルブリッジのフレームは、上側のトップバーの長さや位置、わずかに湾曲させるかどうかなどで佇まいが変わってきます。長さやロウ付け位置などもバッチリだと思います!
大推薦しております。

49□21 / ¥33,000(+税)

STEADY STD-52 col.1

この配色ですと、黒いリム部分がアセテート、というのが定番ですが、こちらは全てチタン製。前回アルミニウム製だったものがチタン製になってカムバックです。ソフトなウェリントン型です。

細いシルエットに仕上げるためのチタン製リム。マットな黒で目元をひきしめます。
ブリッジの立体感は抑え気味で、フラットな印象です。

テンプルやブリッジはシャーリングシルバー。清潔感を醸し出します。
チタン同士の組み合わせは、異素材の組み合わせと違い、ネジが緩みにくいという実用的な利点もあります。スーツなどにビシッと合わせていただくのもいいと思います。

47□23 / ¥38,000(+税)

STEADY STD-49 col.4

「STEADY」の最新コレクションから、全体的に細身でさっぱり、ユーザーフレンドリーなものづくりが詰まった1本です。息長くお使いいただけるモデルです。

すっきりとした印象を受けるのは、全体的に立体感を抑えめに、特にフロントは異素材を組み合わせながらもフラットな構造に仕上がっています。ブリッジもプレーン、テンプルはピンでの固定でネジの頭など無骨になりがちな部品を無くしています。

フロントは下に向かって透明感が増していく燕脂色。馴染みやすく、優しい色です。
テンプルも装飾を最小限にとどめ、アセテートの先セル(モダン)を装着した使いやすいディテールです。年齢・性別を問わずお使いいただける、ブランド名通り安定感のある1本です。

47□24 / ¥35,000(+税)

STEADY STD-48 col.1

ダブルブリッジにダブルリム。「STEADY」が提案する懐かしいようで、しかし新しい構造のフレームです。
眼鏡デザインの総復習をほぼ終えた今、機能や時代性を踏まえつつ、意欲的なアプローチを感じます。

昨年から発表されているレンズ周囲のリムを二重構造にしたメタルフレーム。
ベースのフレームはゴールド、インナーリムはやや黄色味の強いゴールドと、近い配色を重ねています。
ブリッジはやや立体的に、トップバーは細くさりげなく。

メンズ感を感じられる方が多いとは思いますが、
野暮ったさのないレンズシェイプとサイズ感からも女性がかっこよく掛けているところも見たいモデル。
トレンドの空気を感じつつ、新しい発想とオリジナリティとを盛り込んだ今季の「STEADY」一番のオススメです。

49□21 / ¥33,000(+税)

次のページ