TODAY'S MEGANE

STEADY STD-10 col.13

「STEADY」のバランス完璧な丸眼鏡。ノーズパッドのない「一山モデル」。
スタンダードコレクションとして、カラーバリエーションも多く追加されました。
カラーナンバー13番。

レンズと瞳が適切な距離が取れるように立体的に立ち上げたブリッジ。
しなやかで軽い素材のフレーム。余分な装飾を廃した1本です。

潔く全体がマットブラックの塗装。
「文豪風」かと思いきや、モダンに掛けこなして頂ける事も難しくはありません。
また、一山ノーズ部分にはプラスチック製アタッチメントのパーツも別売でご用意できます。

45□24 / ¥24,000(+税)

FROST ILLUSION col.15

他のブランドでは出会えない、個性的な造形。レンズを縁取る黒い線は七角形。
フロントの大部分はクリアの生地。透明な中でも吹きガラスのような揺らぎを感じます。

テンプルは大理石のような黒やグレーの濃淡。雲母のような煌めきも混じります。
根元に小さく斜めにスリットが入っているのも、目尻にワンポイントの効果アリです。

シルエットも独特でカービングも凝っているのですが、
透明度が高くモノトーンなので意外なほど使いやすいですよ。
「それどうなってるの?」と尋ねられるフレームです。

53□17 / ¥40,000(+税)

l.a.Eyeworks QUINCY 972472M

四角くなく、丸くもなく、バランスの良いかたち。
「l.a.Eyeworks」が長く繰り返し使っている定番レンズシェイプでもあります。
瞳の表情を増幅してくれるシルエットです。

フロントはアセテート、テンプルは薄いステンレス製。
アセテートは前面が黒く、後ろは鼈甲柄です。斜めからは真っ黒に見えます。
テンプルの先端の丸い部分には樹脂のコーティングがされています。

軽い掛け心地が特徴ですが、鼻盛が低く、やや鼻幅は広めですのですので、
ノーズパッド加工を施すことを想定しております。

44□22 / ¥40,000(+税)

theo Dunedin station 311

世界の駅の名建築を名付けられたコレクションより。
デザインの源流は「カールトン」と呼ばれる、テンプルから一筆書きで繋がるトップバーを持ったデザインです。

正面からは2色に塗り分けられていますが、1枚の板から構成されているというのは、
裏から見るとよくわかります。このカラーは微細なラメ混じりのエンジと光沢のあるレッドの組み合わせです。同系色の組み合わせなので、フレームの「かたち」に目がいくモデルです。

レンズシェイプはボストン型とも何とも分類が難しい「柿」のようなシルエット。
目尻がわずかに上がってすっきりとさせてくれます。横顔もすっきりです。
エネルギッシュな色彩は表情も元気に見せてくれます。
おじさんが掛けるとかわいくなりそうです。

42□23 / ¥45,540(+税)

ProDesign Denmark 3141 6611

フォックス型のナイロールフレームは、ありそうでなかなか出会えないかも。
ブロウラインが表情を引き締めてくれますので、顔にチカラが欲しいという方に。

チタンプレートのフロントにセルテンプル。
全体が外側=黒、内側=ベージュの配色です。
黒とベージュの組み合わせは、髪と肌色の組み合わせと同じ。
実際に顔に載せてみると、案外あっさり馴染みます。

斜め45度からの視線には、アクセントとして効いている白が目に留まります。
決して嫌味はありませんし、このブランドが持つモダンさを現していると思います。

53□17 / ¥28,000(+税)

次のページ