TODAY'S MEGANE

STEADY STD-68 col.3

「ナイロール」「一山」「ソフト枠」と専門用語がてんこ盛りモデル。
丸眼鏡でありながら、存在感が過剰にならず、見た目の重量よりも軽やかに感じられます。

金具部分はアンティークゴールド。落ち着き、肌馴染みが良いです。
細いリム線を使用しているので、正面からメタル部分は僅かしか見えません。
グレーが下に向かってグラデーションしているプラスチックの印象が上回りますね。

このようにプラスチックリムに溝があり、ナイロン糸で固定します。
一山のノーズは既存モデルよりも鼻筋に触れるアーチ部分が小さめ。
テンプルは弾力性が高く細いβチタン性でしっかりホールドします。
一山がしっくり安定したことない方にも、細面の方にも試していただきたい掛け心地です。

44□23 / ¥33,000(+税)

ENALLOID TIMELESS we 46 SG col.182

ごく薄いブラウンのカラーレンズが入っており、サングラスとして発表されたモデルです。
ミルキーブラウン(あるいはミルキーオレンジ)な肌馴染みがいいのにポップな印象。
クリアレンズで眼鏡としてお使いいただくのもナイスです。

テンプルは芯張り。板状の芯を2枚のアセテートに貼り合わせて作るテンプルです。
また内側には彫金を施してあります。あっさりしているようで、手間がかかっているのです。
アセテートを通して芯が淡く反射するのも上質さを感じさせます。

丸みのあるスクエアシェイプです。
日常をちょっといいものにする「ENALLOID」。
肩の力の抜けた、使いやすい1本です。

46□19 / ¥39,000(+税)

ProDesign Denmark 1700-1 6015

「ProDesign Denmark」得意のシルエット。
ディテールが異なるものが継続的に発表され、気づけば店頭からもいなくなるロングセラー。
この品番はちょっと小顔さん向けのサイズです。ハイティーンのみなさんにも。

両サイドの目尻の部分を3色の層が覗くように階段状に削り出してあります。
またフロントとテンプルの接点も綺麗に繋がって見えます。
シンプルで使いやすい眼鏡。

50□16 / ¥22,000(+税)

theo Brilliant 184

シンプルでありながら「ひと味違う」、加えて技術も効いているのが「theo」の魅力。
その名の通り、宝石のカッティングをモチーフにしたコレクションの丸眼鏡です。

チタン製のフレームです。板材をプレスなどでくり抜くのが一般的ですが、
そこから断面を大きく斜めにカットするのは難しいことだったとのことです。
チタンは柔らかく粘りがある金属なので、エッジを綺麗に立てることは意外と難しいことなのです。
フロントと両サイドの斜面は美しい曲線を描いています。

宝石のカッティングと同じように、斜めの面が正面以外の反射を加えることで、
単色のフレームなのにツートーンに見えたり、トップライトが当たっているような効果をもたらします。こちらのカラーはマットな質感は抹茶アイスクリームの表面のようです。
男女や年齢を超えて選んでいただきたい1本です。

44□21 / ¥52,900(+税)

l.a.Eyeworks QUILL 908

レンズは丸くあってもアウトラインは丸くない、ということができるのが、アセテートでもメタルでもプレートから作られているフレームです。
丸眼鏡に自信がない方もこんな形を手にとってみては?トップラインはフラットです。

軽くて強い高密度アセテートを使っていますが、しっかり黒とブルーの2層に別れています。
裏側は真っ青。現状では鼻に当たる部分が浅めなので、ノーズパッド加工が必要ですね。

高密度アセテートは硬いのが特徴のひとつなので、各部の断面にきれいにエッジを残すことも可能です。
「意外とパリッとしてる丸眼鏡」と感じられると思います。色使いもおすすめです。

43□21 / ¥40,000(+税)

次のページ