TODAY'S MEGANE

ENALLOID No.11 col.116

アセテートのフロントにチタン製テンプルのシリーズ。フロントのシルエットは目尻が下がった、ソフトなボストン型。鼻筋のキーホールというくびれも抑えめです。モダンな印象です。

このコレクションのノーズパッドは「二本抱き足式」。クラシックな方式です。
現在は「箱蝶」と呼ばれるネジ式のパッドが主流ですが、ネジが収まる「箱」がないため、見た目がすっきりとします。
パッド素材もヌーディな色。掛け心地の追求がデザインを損なうことはありません。

細身で軽やかな印象の1本です。カーキグリーンからグレーへのグラデーションになったクリア系のアセテートフレーム。男女を問わず、すっきり決まるモデルです。

48□21 / ¥32,000(+税)

ENALLOID No.09 col.001

2018SSコレクションからのリブランドに合わせて「エナロイド」の表記を「ENALLOID」とします。
こちらは2017AWコレクションより、ちょっと小ぶりモデル。ソフトな表情のオーバル型。定番感のある黒!です。黒とゴールドは鉄壁の組み合わせですね。

フロントは存在感を感じさせる一方、テンプル(横顔)は細いチタンテンプルでさりげなく。
クリングスノーズパッドで鼻の安定感も安心。抱き込み式というちょっとクラシカルな、でもすっきり見える形状のパッドを採用しています。

黒いセルフレームは顔の中でくっきりと存在感が出るものですが、アイラインに似たシルエットなのでナチュラルにフィットするでしょう。ファッションの傾向を問わず取り入れていただけると思います。

47□17 / ¥32,000(+税)

EnaLloid No.11FA(A) col.008

品番にある「(FA)」は「FAT」の意味。同じ「No.11」でもちょっとシルエットを(フォントに例えればウェイトが)太く仕上げています。メタルテンプルの「No.11」もございますが、兄弟モデルでありながら、別のものに見えるでしょう。

フレームアイコンとして、目尻とテンプルの根元に卵形の金具がポイントになっています。また、テンプルの先端は卵形にくり抜いてあります。

ガラスのような透明度の高いクリアグレー、とても合わせやすい色。すっきりめのボストンシェイプ。
とても使いこなしやすい、長くご愛用頂ける1本だと思います。

48□21/ ¥28,000(+税)

EnaLloid Little NO.08 col.002

ちょっとずんぐりとしたシルエット。丸みの強いボストンタイプ。眼鏡をチャームポイントとして使いたい方に。
すっきりとした曲線で構成されて、アクがなくいい存在感です。定番のブラウンデミで。

少しボリュームをもたせたフロントに対して、チタン製のメタルテンプルで、重さの負担はありません。
テンプルの表面処理も光沢を抑えたマットゴールドで、華やかさよりも渋さを纏ったカラーとなります。

「Little」とつくように、女性や細めの男性にフィットするサイズ感です。
サングラスにするのもいいアイデア。

46□19 / ¥30,000(+税)

EnaLloid NO.04 col.127

すっきりとしたウェリントン型。キーホールなどのクラシック的要素は排してあります。シルエットもボリューム抑えめなので、男女を問わない存在感です。

ブロウラインはフラットなまま下がらずに。すっきりとした目元になります。
アセテート生地の柄、とても美しいと思います。ガラスの工芸品のような色の重なり方、カーキグリーンですが品の良さを出すアイテムとして使っていただけます。

一体成型のチタン製テンプルはすっと骨格にフィットする設計。良い掛け心地です。
マットに仕上げてあるので、横顔にも馴染みやすいですね。

49□20 / ¥30,000(+税)

次のページ