TODAY'S MEGANE

FROST EDEN col.01

シマシマのモノトーン、目立つように思われるかもしれませんが、意外としっくりくるのです。
黒、ストライプ、クリアの3層のアセテート生地にカービングを施し「FROST」らしさが詰まっています。

もちろん最前面が白黒のストライプだと、それなりに目立つかもしれません。ただ最前面の大部分は黒く、斜めの位置から見ると、後面のストライプが見え隠れします。裏から見ると全体がストライプですが、白が目元を明るく軽く照らしてくれるので、軽やかさをもたらしてくれます。
ブリッジの削り方もポイントです。

かなりバランスを崩した六角形ですが、目尻のラインは下に下がってちょんと尖っています。帽子のつばとか、口髭を思わせるようなとんがりがリズムをもたらしています。目尻が下がる方向なので柔らかさを加えるひと工夫ですね。
同じような曲線のアクセントはテンプルにも見られます。
モノトーンの眼鏡を愛用されている方、真っ黒のフレームよりもこういう配色のモノトーンも使いやすく活躍すると思いますよ。

50□18 / ¥57,750(¥52,500+税)

FROST DUNE c.04

蝶が羽根を開いているようなバタフライ型。瞳を大きく見せてくれるような錯覚を生んでくれるシルエット。そもそもエレガンスを醸し出てくれますが、前面が波打っているように削ってあるのがすごくいい効果を生んでる1本。

正面から見ると色に濃淡があるのがわかるでしょうか?水平にゆるいカーブで削ってあるところと、同じく水平にVの字にカットしてある部分があります。前者は色が揺らぐように濃淡を生んでいますし、後者はブリッジとテンプルに水平線を生み出して、全体的なメリハリを作っています。

パープル・ブルー・ピンクオレンジの3層に波打つように厚さの変化をつけることで垣間見える、水彩のように色の混ざりあいが美しいです。
レンズシェイプに関しても、目尻に当たる部分はなだらかに下がっている線を含んでいることで、表情が強くなりすぎないチューニングも行われています。

カービングによって、とても色が美しく現れた1本。「FROST」の本領、お試しください!

52□15 / ¥49,390(¥44,900+税)

FROST CLOUD c.01

ちょっとドレスのような眼鏡です。モチーフは名前の通り「雲」。デザイナーのマリオンの手によるデッサンの線が生きているモデルです。エレガンスのある1本です。

雲つまり水蒸気が波をうっているようにも見えるシルエット。眉尻に向けて下がっているので、シャープになることはありません。レンズの外側に隙間を作っています。カラーレンズそれも調光レンズなど入れていただくと、映えると思います。

黒いレースが立体的に重なっているような生地です。角度が変わると、透明に見えたり黒く見えたり、表情豊かです。おすすめの1本です。

53□16 / ¥55,770(¥57,000+税)

FROST GOAL c.06

「FROST」にしてはあっさりとしたスクエアフレーム、と思うなかれ。むしろ「FROSTらしさ」を感じるモデルです。正面は黒いのに、とにかく内側のブルーが存在感を放ち元気な印象を加えてくれます。

よくよく見ると、ちょうどいい感じに瞳の上下が膨らんでいるように見えます。より明るい内側のブルーの層が全面の輪郭をはみ出すように削り出してあります。

瞳の真上からスポットライトを浴びているように、目元を明るく、視線を集めるような配色は表情が生き生きと見える眼鏡のテクニック。スクエアですが、性別を選ばないモデルです。

55□17 / ¥55,770(¥50,700+税)

FROST AKROPOLIS c.32

「アクロポリス」、古代ギリシャで神殿などが小高い丘のことをこう呼ぶそうです。
確かに眉のラインがなだらかな丘のようです。パウンドケーキみたいなシルエットはありそうでなかなかないかもしれません。

フロントはイエローをベースに、トップラインに眉と同じような浅いカーブで黒が配置されています。
もちろんこれで、表情をキリッと、しかし眉尻は細く下がっているので柔らかく目元をアレンジしてくれます。

イエローといっても直接ご覧いただくと「辛子色」に近いイエローです。派手すぎず、顔を明るくしてくれる色調です。とはいえなかなか出会えない黄色い眼鏡、ぜひどうぞ。

5516 / ¥51,480(¥46,800+税)

次のページ