TODAY'S MEGANE

MYKITA HELMI 720

MYKITAのアセテートリング(インナーリム)のシリーズは好評を博しています。

丸みのあるウェリントンで、鼻側のカーブも深いので、アビエイターっぽいシルエットだと感じられるかもしれません。いずれにせよ、ちょっと小ぶりでストライクゾーンの広いモデルだと思います。

相変わらず、アセテートのリムの細い溝にシートメタルのパーツを噛み合わせているのか、観察を続けてもわかりません。

前面に沿ってメタルパーツが羽目こんであり、リムの内側は斜めにカットされています。このリムのカットがソフトなイメージに一役買っています。

金具部分はグラファイト、アセテートリングのカラーはペリドット。オリーブともカーキとも呼ばれないグリーンは、透明感と深みのあるグリーンは気品があるように感じます。

45□23 / ¥72,600¥66,000+税)

MYKITA KNUT 002

MYKITA」の「LITE」コレクションの小ぶり丸眼鏡です。ありふれていそうで、案外出会えないのが、レンズが小さめのラウンド型。少々タイトめに掛けても様になるモデルです。

やはりレンズシェイプの美しさに定評のある「MYKITA」。もちろんばっちり綺麗なシルエットなのですが、ブリッジの形状や高さ、リムやテンプルの太さ(細さ)もレンズの印象に影響します。考え抜かれ選りすぐらて生まれたことがよくわかります。

カラー番号「002」はマットブラックです。ソフトな印象を加えつつ、場面やファッションを問わない1本です。性別・年齢も問わずお使い頂けます。

41□21 / ¥57,200(¥52,000+税)

MYKITA ALLEN 511

シンプルなシルエットであっても、人の目を惹きつける色を身につけるとグッとおしゃれに見えます。

ブルーの眼鏡は「日本人にはハードルが高い」と言われてきました。それは黄色っぽい肌の補色の関係で、眼鏡の線が目立つからです。つまり「目立つ眼鏡=ネガティブ」という古い考え方です。
裏返せばレンズのシルエットがよく伝わるので、おすすめです。

スマートな印象のスクエア型です。レンズ周りは線が細いので、軽快な印象です。
性別を問わずお使いいただきたいと思います。

細かいパーツも全て単色のブルーです。モノトーンの装いを好まれる方にも、眼鏡だけカラフルにされるだけで、より一段「上級者」に見える1本です。

これまでの「MYKITA」に無かった新色です。次々と新陳代謝の早いブランドなので、この新しいカラーも入手が難しくなる時が来るかもしれません。気になる方はお早めにご試着を!

47□18 / ¥57,200(¥52,000+税)

MYKITA NEVILLE 542

ブロウしっかりのシルエットですが、レンズの周囲をくるりと塗り分けられています。「MYKITA」として初めての手法ではありませんが、このような配色とレンズを一周囲むタイプは新鮮です。

何度も繰り返すご説明ですが、あくまで一枚のステンレスシートから作られているフレームです。
赤い部分は糸のように細く切り出してあり、どのような製作工程か言葉では説明でき理解もしているつもりですが、実際の精度や着色の様子を見てみたいと思わせます。

レンズシェイプは丸みが強めのウェリントン型。ネイビーとレッドの組み合わせはちょっとかわいいですね。
シーンや服装を選ばず使えそうです。

4822 / ¥59,400¥54,000+税)

MYKITA ISMO 084

小降りのボストン型、丸みはありますが逆三角形に近いボストン型です。目尻に向かって、立ち上がるカーブが少し凛々しく、フェイスラインをきれいに見せるシルエットです。

ブリッジがフラットだから、比較的高めに位置しているように感じます。現代的な印象を残すバランスです。息の長いモデルになっている所以かもしれません。

カラーはネイビーとなります。濃紺と言って良いでしょう。品良くお使い頂ける1本です。

4423 / ¥59,400(¥54,000+税)

次のページ