TODAY'S MEGANE

MYKITA BAKER 255

ジャズの巨人から命名されている一連のシリーズ。この「BAKER」はトランペットを吹くベイカーさんでしょうか。六角形に近いシルエットでお客様から手に伸ばされることが少ないシルエットですが、顔に乗せると実にいい柔和で誠実な印象がついてくるシルエットです。

畳んだときのフラットさ加減、立体感控えめのブリッジがミニマルな構造のフレームを引き立てています。
上下のラインが平行だと「堅い」印象になりがちですが、これだけワイドな上下幅を持ったサイズと、下がっている目尻のラインによって穏やかなイメージに仕上がっています。

インディゴというカラーはネイビーよりも暗く、環境によってはグレーにも見えるでしょう。
近年の「MYKITA」の中でも息の長いモデルとなっています。

47□22 / ¥57,200(¥52,000+税)

MYKITA LAVRA 866

「MYKITA」のアセテートフロントのシリーズ。少しずつ増えています。マットな質感が新鮮な、それも清潔感のあるスクエア。フォーマルでもビジネスでも大丈夫。

モダンなスモークグレーでテンプルも長年の定番カラー「ブラックベリー」。太さ2.5mmの「LITE」コレクションのテンプルです。強い光沢のあるパーツはなく、現代的で落ち着いた雰囲気です。

角も丸く、優しい印象に。ノーズパッドを支えるクリングスも細かく改良されており、より立体的なフィッティングが可能になっております。

46□20 / ¥73,700(¥67,000+税)

MYKITA TALNI 920

「MYKITA」のアセテートフロントモデルです。少しずつ改良され、シリコンノーズパッドの仕様になって安定感が増しています。全体的にリムが細身で佇まいも名前の通り軽やかです。

「トープ」という曇りカラー。温かみのあるベージュグレーは人気色ですね。テンプルはグロッシーゴールドで華やかさを加えてくれます。このシリーズはフロントにしっかり埋め込まれてその点丈夫です。

シンプルな美しさが「MYKITA」の魅力ですが、正面からは金属パーツが見えないので、さらにソフトな印象をプラス。「ちょっといい眼鏡」というムードが漂うおすすめの一本です。

45□21 / ¥73,700(¥67,000+税)

MYKITA AKEMI 303

糸のように細いリムを持った「LESSRIM」コレクションの定番モデルです。
サイズもシルエットもちょうどいいボストン型。光沢のあるゴールドとシルバーの組み合わせで、華やかなまたは大人びた印象を持った1本です。

遠目には縁無し(リムレス)に見えてしまうような細いフレーム、特にレンズの周囲が細く、レンズの溝にほぼ埋まっている状態です。ただそれでもちゃんとレンズを通して極細リムの色や光沢は僅かに存在感を放っているのです。

この配色ですので、ちょっとドレスアップな眼鏡かもしれません。ただカラーレンズを入れると、ガラッと違った雰囲気に。またHEVカットのレンズを入れると、レンズの断面が青みを帯びているので、これまた違う表情の1本になると思います。

4821 / ¥70,400(¥64,000+税)

MYKITA EDE 084

MYKITA」のボストン型モデルも既に多く発表されてきましたが、ブラッシュアップを重ね続けられていると感じます。どれも完成度が高いのですが、若干小ぶりで清潔感のあるシルエットです。

「084」カラーは鈍く光沢のあるネイビー。同じ太さでも黒とは存在感が違います。

テンプル根元のヒンジ部分はシルバーに塗り分けてあるのがこのカラーだという目印です。

レンズの下部からブリッジに向けて滑らかに立ち上がるアーチ。息が長く、飽きがこないデザインだと思います。

4722 / ¥57,200¥52,000+税)

次のページ