TODAY'S MEGANE

theo Dagbreek 15

美しい「Theo」のアセテートフレームです。新しい技術をふんだんに盛り込んだと思われる美しい造形です。特にこのカラーは薄いクリアブルーと、黒い線が黒い線が交差したモアレ柄の組み合わせが目を引きます。

フロントは斜めに貼り合わせた2層を削り出し、リムの内側は大きめのテレビジョンカットを施すことによって、模様の密度が変わる効果を生み出しています。同時に角度によって、透明に見える角度もあり、くるくる表情の変わる1本です。

テンプルの先端にも窪みのような切削を施してあるのが、粋です。

「Dawn」という朝日をモチーフにした名前が付けられたコレクションです。流麗な線と、エッジが同居しています。透明度の高いアセテートのグラデーションを楽しんでいただける、現在超おすすめのシリーズからの1本でした。

48□21 / ¥52,900(¥52,900+税)

theo MONG KOK 485

2本の線が重なり合っているように見えるフレーム。ダークなグリーン2種で構成されており、取り入れやすいカラーです。抹茶味と抹茶パウダーの組み合わせのような色合いですが。
レンズシェイプはゆったりと、丸みのあるパント型(ボストン型)です。

2色の組み合わせは塗り分けてあるのではなく、それぞれ別に塗装したパーツを組み合わせた構造です。色の分かれ目はとても美しく、メリハリのある造形です。

ネオンサインをモチーフにしたコレクションですが、均一で角丸のラインで構成されているのがチャーミングなモデルです。テンプルの先端も丸くなっているのがかわいいですね。リラックスした印象を持ったフレームです。

落ち着いたグリーンは、年齢も性別も問わずおすすめです。
ビジネス用としても使っていただきたい「theo」の1本です。遠近両用レンズなどなんでも対応できます。

45□24 / ¥65,560(¥59,600+税)

theo Kicker 9

眼が覚めるような青!「theo」の定番カラーのひとつであるこのブルーは僅かに赤みを帯びたロイヤルブルー。顔を明るく見せるエネルギッシュな青です。特徴的なシルエットと相性がいいですね。

リムは一周ほぼ同じ太さに見えるかもしれませんが、上半分はアセテート、下半分は板をくり抜きレールのような形状のメタルのパーツをドッキングさせたもの。

上から見ると肉厚のアセテートだとよくわかります。

テンプルの先端にも丸いリング状のパーツもかわいいところ。
立体的な造形なので、見る角度によっての印象の違い、影や反射も楽しめる1本だと思います。

42□27 / ¥60,720(¥55,200+税)

theo Stanley 364

小ぶりなレンズの丸眼鏡。とてもバランスがいいモデルです。完成度が高い!と言ってもいいでしょう。

見る人によってはクラシカルにも見えるかもしれませんが、モダンな印象も感じられると思います。ちょっと知的なイメージも演出できるかもしれません。

とても評判の良い、下から上へグラデーションを生んでいるスプレー塗装。チャコールグレーとブラウン、というのがもっともしっくりくる表現でしょうか。強過ぎない色なので、顔の中でも落ち着きます。

普遍的な丸いレンズをチタンプレートをくり抜いて作ったフラットさと、ミニマルさ。
年代、ファッションなどを問わず長くご愛用頂けるモデルだと思います。おすすめです!

40□27 / ¥56,925(¥51,750+税)

theo Mille+84 15

店内に陳列していると一際目を引く1本です。とてもボリュームのある、でもとても透明感もあるセルフレームです。なかなかのボリュームで強い印象を残します。
ただとてもバランスの良い丸眼鏡だと思います。

正面からと、裏側からでフレームの特徴がわかります。外側は完全にフラットですが、フロントとテンプルの内側を縁取るように均等な角度でカットしたかのように削られています。ブリッジのくぼみなども含めて、精密なマシニングで整形されています。

アセテートの透明度の高さゆえ感じる、裏側なのに立体感。考え尽くされたかっこよさ!

このような透明度の高いクリアオレンジもなかなか出会えないカラーだと思います。ノーズパッドの加工は必要になると思います。その点はご安心ください。サングラスにするのもおすすめです。

42□27 / ¥53,130(¥48,300+税・入荷時点の価格です)

次のページ